【ちむどんどん】歌子の病気は白血病!?熱が出るのは白血病の症状か

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の比嘉家(ひがけ)の三女・歌子(うたこ)の病気が「白血病ではないか?」と言われています。

歌子は幼少期からよく熱を出しており白血病の症状と似ていることから、ネットでは心配の声も見られます。

噂では「歌子が亡くなってしまうのでは?」とも言われていますが。。。

今回は『【ちむどんどん】歌子の病気は白血病!?熱が出るのは白血病の症状か』と題して調べてみました。

▼この記事でわかる事▼

  • 歌子の病気は白血病のなのか?
  • 歌子は病気で亡くなってしまうのか?

それでは見ていきましょう!

上白石萌歌上白石萌歌の歌が上手い理由3選!下手と言われている理由も調査 佐藤健と上白石萌音佐藤健が有吉にあげた漢方で上白石萌音との関係は確定!?漢方を特定!

【2022年6月16日最新】歌子の病気は今の医学では判明できない

2022年6月16日放送のちむどんどんで歌子の病気は「今の医学では判明できない」と発表されました。

1週間後。検査結果は膠原病でも結核でもなく、熱が出る原因は分からずじまい。暢子は「何の病気もなかったということかも」と励ましたが、歌子は「じゃあ、どうして熱が出るわけ。どうしてうちだけ、どうして!」と2階へ上がった。

引用:Yahoo!ニュース

東京の病院で検査を受けた歌子ですが、1週間後に検査結果を受けるが大きな病気ではありませんでした。

しかし、歌子を診た医者も、

「熱の出る原因は今の医学ではわからない」

と絶望的な結果でした。

優子も「何の病気もなかったのかも」と励ましますが、

歌子
歌子

「じゃあ、どうして熱が出るわけ。どうしてうちだけ、どうして!」

と今の歌子にとってはとてもつらい結果になってしまったのです。

ネットでも歌子の病気が発表されるのを心配されていましたが、何とも言えない回になってしまいましたね。

「歌子の病気は白血病」と噂されていますが、何かわかりましたら追記していきますね。

【ちむどんどん】歌子の病気は白血病!?

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の比嘉家の三女・歌子の病気が「白血病ではないか?」と言われています。

歌子は女優の上白石萌歌(かみしらいしもか)さんが演じる比嘉家の三女で、幼少期から身体が弱く、歌うことが大好きな女の子です。

そんな歌子の病気が「白血病ではないか?」と言われる理由は症状が似ているからでした。

熱や立ちくらみの症状が白血病に似ている

白血病についての説明がコチラになります。

白血病は、血液のがんです。血液の中には、赤血球、白血球、血小板という3つの血球があります。これらの血球が作られる過程で何らかの異常が発生し、白血病細胞と呼ばれるがん細胞が作られ、血液や骨髄の中に増えてしまった病気が白血病です。

引用:Doctors File

白血病は血液のがんで、白血病細胞と呼ばれるがん細胞が血液や骨髄の中に増えてしまうのが病気にかかってしまう原因と言います。

白血病の症状は頭痛やめまいなど色々ありますが、歌子がよく熱を出す発熱の症状もあり、立ちくらみもみられるようです。

立ちくらみではないですが、歌子も歌手オーディションの最中に倒れてしまうシーンがありましたよね。

ネットでは検索キーワードに出てしまうほど、歌子の病気が白血病ではないかと予測されるほど話題になっています。

Twitterでも歌子を心配する多くの声がありました。

歌子は幼少期からよく熱を出していた

歌子は幼少期から身体が弱く、よく熱を出して家族に看病されていました。

幼少期は歌子の病気については深く触れていませんでしたが、大人になった今でも熱を出し会社を休むなど、

社会人になった頃から歌子の病気について触れていますよね。

仲間由紀恵(なかまゆきえ)さん演じる母親の優子も心配になり、とうとう歌子を大きな病院に診てくれるよう暢子に相談していました。

今後歌子の病気の病名が明かされることになるのでしょうか。

【ちむどんどん】歌子の病気は設定のみで病名は明かされない

一方で歌子の病気や病名はドラマの設定上明かされない可能性もあります。

病名を明かさない理由を2つ紹介します。

制作陣が歌子の病名を考えてないから

1つ目の理由はドラマの制作陣が歌子の病名を考えてないからです。

確かに所々で辻褄があわない演出があるちむどんどんですので、歌子は身体が弱いという設定だけで病名は考えていない可能性もあります。

病名を発表することで実際にその病気の人に失礼だから

2つ目の理由は病名を発表することで実際にその病気の人に失礼になるからです。

詳しい病名は発表しないですが、「心臓や血液の病気です」と濁しての発表になる可能性もありますね。

【ちむどんどん】歌子の病気が白血病だったら治療費は160万円

もしも歌子の病気が白血病だった場合、病気を治すための治療費は約160万円かかると言います。

厚生労働省は「令和元年度 医療給付実態調査」[2]の調査結果をもとに計算すると、白血病による入院の費用は約160万円、入院外の費用は約90,000円です(いずれも1件当たりの平均額)。

引用:保険市場

こちらは令和元年のデータになりますが、入院なども必要になる病気ですので100万円以上は治療費はかかってしまうのではないでしょうか。

昔から借金問題で大叔父の賢吉(けんきち)からお金を借りている比嘉家が、100万の大金を返すのは難しいと思います。

そのため今までお金で苦労を掛けてきたニーニーこと賢秀(けんしゅう)が大金を稼いでくるのではないのかとも期待されています。

【ちむどんどん】歌子は病気で亡くなってしまうのか

歌子は「病気で亡くなってしまうのか?」とも言われています。

歌子が病気で亡くなってしまう理由を2つ紹介します。

暢子が「不幸フラグ」

歌子が歌手オーディションに参加する際に、暢子に電話を掛けますが公衆電話のため、

歌子
歌子

「相談というのは就職のことじゃなくて…」

と言いかけて通話が切れてしまいました。

暢子の電話をそばで聞いていた三郎が、

三郎
三郎

「歌の上手い妹さんか?」

暢子
暢子

「小さい時からなぜだか身体が弱くて」

三郎
三郎

「一度、ちゃんとした医者に診てもらったほうがいいんじゃねえか」

暢子
暢子

「やっぱりそのほうがいいですかね?」

と聞かれてもいないのに歌子が小さい時から身体が弱かったことを話しているのです。

普通の姉なら「就職先でやっていけるか?」「引っ込み思案の性格は大丈夫か?」などを心配すのでしょう。

しかし暢子は、歌子の身体の弱さを三郎に相談します。

最後には「医者に診てもらう」という言葉まで出てきましたので、これは歌子の身に何かが起こるフラグに思えてきます。

暢子は就職のことではなく、なぜ身体が弱いことを相談したのは不明ですが、このシーンがフラグではないことを祈ります。

モデルになった若草物語では三女が生死をさまよう

ちむどんどんは『若草物語』がモデルになっています。

若草物語では四姉妹の三女・ベスが猩紅熱(しょうこうねつ)によって生死をさまよいます

若草物語は映画やテレビでも実写化されるほど人気の作品で、原作ではベスは助かるのですが、映画版では亡くなってしまうようです。

ベスは内気でピアノをよく弾く音楽が大好きな少女で、歌子の設定とよく似ていますね。

そのため若草物語をモデルにしたちむどんどんでは、歌子が亡くなってしまう可能性もあります。

若草物語はちむどんどんとの姉妹との設定もよく似ていますので、興味がありましたら読んでみて下さい。

【ちむどんどん】歌子の病気は白血病の可能性はあるが病名は明かされない

今回はちむどんどんの歌子の病気について調べてみました。

歌子の病気は白血病だと噂されていますが、ドラマでは病名は濁される可能性が高いです。

歌子が亡くなってしまう展開は絶対避けてほしいですよね。

▼またドラマでも上白石萌歌さん演じる歌子の歌が上手いと言われていますよね!

上白石萌歌上白石萌歌の歌が上手い理由3選!下手と言われている理由も調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。